--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/07/02 (Sat) 弔い合戦

おじいちゃんの弔い合戦に北京に行く!
そう決心してからもうずいぶん発ってしまった。

弔い合戦というと大げさだけど、何のことはない、おじいちゃんの位牌(もしくは写真)を持って万里の長城に上ろうということです。
うちのおじいちゃんは最近黄泉の世界に旅立ちました。
生前、「元気になったら万里の長城に行こう。案内してくれ。」って何度も言っていたおじいちゃん。
残念ながら行くことはできなかったけど、形だけでも連れていってあげたいね、という話になり、子供3人を引率して私が北京に行くことに。

ファイナルだなんだで日々は流れ、チケットを調べ始めたのが今日。
当然のように夏の航空券は高い、取りづらいの二重苦。
何件も問い合わせましたが、どう考えてもぼったくりだろ的値段(別名これだけあればヨーロッパ行けるよ)にひるむ足。
四人四様の予定を抱えて、今夏の渡中は頓挫しかけています。

昨日の晩、タイミングを計ったように臨終間際のおじいちゃんと、北京に向けて走る家族の夢を見ました。
おそらく、そして十中八九、私のチケットに対する強迫観念がもたらした産物かと思いますが、それにしてもなんて偶然。
お金と時間がない、それを理由に断念していいのだろうか?
そんな思いがふとよぎりました。
でも現実は厳しい。

果たして私たち4人は無事万里の長城におじいちゃんを頂くことができるのでしょうか。
乞うご期待。

スポンサーサイト

Travel | trackback(0) | comment(4) |


2005/04/21 (Thu) fast-forward

今日は授業が終わった後、高校の友達と1年ぶりに再会しました。
疲れていたせいか、その子が取りとめもなく大学の友人関係について熱弁を繰り広げたせいかはわかりませんが、「うんうんそっか~大変だよね~そうなんだ~」を繰り返すうちに頭が朦朧としてきて、よくドラマやCMで使われる効果みたいに、友達がビデオの早送り状に見えました。
貴重な体験でした。
誰か同様の体験をした方いるかな?


カンボジアレポ続き

プノンパゲンは夕焼けのメッカ。
小高い岩山のようになっていてゾウか徒歩で登ることができます。
私はぜひとも生まれて初めてゾウに乗ってみたかったのだけど、いかんせん高かったので(2500円くらい?)、ゾウなんていつでも乗れるさ!と半ば無理やりあきらめ岩山を上ることにしました。もくもくと足場を探しながら上ること10分弱、頂上が見えてきます。
頂上には、シェムリアップの他の場所と同様、遺跡があり、みんな思い思いの場所に腰掛けて、日が沈むのを待っています。
有名な場所だけあってとにかく人口密度が高かった!
それでとにもかくにも写真をぱちぱちしながら待ったのですが、夕日が沈む(であろう)時間の5分くらい前になって急に太陽が雲をまとい始め、結局見えなくなってしまいました・・・なんのこっちゃ。
まあでもなんとなく満足はしました、そのロケーションに。
そして、お坊さんとの偶然の出会いに。
そう、実は首都プノンペンの大学に通うお坊さん2人組みと知り合いになったのです。
偶然の出会いというのはちょっと嘘で、アジアの仏教国でよく見られる独特のオレンジ色の衣をまとったお坊さんと遺跡と一緒に写真をとりたかった私たちは彼らに声をかけたのでした。
そんなぶしつけなお願いを快く承諾してくれたばかりでなく、日本に興味があるという彼らはしばし私達とご歓談。
連絡先を交換しました。
後日メールで彼のバックグラウンドを知り、もっと驚くことになりましたが・・・。

20050515192530.jpg



こんな調子ではいつまでも終わらないのではないか。
でも疲れたので続きはまたにします。

Travel | trackback(0) | comment(0) |


2005/04/14 (Thu) バイタクの高校生@Siem Reap

行ってきました。
タイランド、カンボジア、台湾の旅10泊11日。
総括すると、とっても楽しかったです。
ご飯はおいしいし、物価は安いし、今まで行ったどこよりもリラックスして旅できた気がします。(そのせいでひどい目にもあったけどね。)
地理的に近いからなのか、旅慣れつつあるのかわかりませんが。

現実の世界ではもう学校が始まってしまって、旅の余韻はないに等しいんですが、覚えておくためにも書き留めておこうと思います。

着いて早々はバンコクに一泊しました。
今思うとひどい宿でした。
ベットは板に布を張ったような感じで、部屋はエアコンと思しきものが着いているもののまったく役目を果たしておらず、暑い暑い。
この時期のバンコクは連日30℃を越すうだるような暑さです。
おまけに風があまりないので窓を開けても一向に涼しくならず、外の騒音がうるさすぎて眠れなくなる始末。
極めつけは、ベットにちっこい虫がいて、友達は彼らが体中を這い回るせいで眠れませんでした。
まあセレクションが悪かったんです。
その日は夜ご飯を屋台で。
間違えて大量に口に放り込んでしまったチリが辛すぎて思考が飛びました。
タイ風ラーメンなるものがすごくおいしかったです。

翌日は空路でカンボジアはシェムリアップに向かいました。
プノンペン経由のプレジデント航空で行ったのですが、ところがどっこいこの飛行機がかなり曲者。
私今まで飛行機で酔ったことはないんですけど、酔いました。
ジェット機じゃなくてプロペラ機(国際線なのに!)だったってのもあると思いますけど、あんなに暑いのにエアコンが飛行機の離陸後しばらくするまでかからないんです。
これ以上無理ってほどすし詰めになった人々が、ごく暑の中、ジェットコースターもよろしく発射する様子を想像してください。誰だって酔います。(事実、斜め向かいのインド人男性はトイレに駆け込んでいました。)
後述しますが、値段を考えても、ここはおとなしくバンコクエアウェイズ(タイの航空会社)を利用するか、陸路で国境を越えるのが得策かと思われます。
プレジデント航空そんなに安くないですし。

20050515193012.jpg



シェムリアップ到着後、すぐに夕焼け鑑賞のメッカであるプノンパゲンに向かいました。

むむむ・・中途半端だけど以下次号!

Travel | trackback(0) | comment(0) |


2005/03/28 (Mon) flyng to thailand☆

3月30日から4月9日まで旅行に行ってきます。
行き先はバンコク(タイ)、アンコールワット(カンボジア)、台北(台湾)。
初アジア(中国以外)なので、わくわく半分どきどき半分といったところ。
旅行の目的としては、アンコールワットで朝焼けもしくは夕焼けを見ること。
あとは、おいしいものを食べて、ぶらぶらして、いろいろなことを感じられればいいなーと思ってます。
詳細は後日!

余談ですが、映画『エターナル・サンシャイン』の上映終了時期が近づいてる模様。
3月中旬?くらいから公開なのに早すぎる・・。
帰ってくるまでやってるかな~。
やってるといいな~。
『マルコヴィッチの穴』のチャーリー・カウフマンの最新作。
予告を見た限りでは、映像がとってもきれいそうです。
早く観たい。

Travel | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。