--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/05/16 (Mon) 末吉

今日机をひっくり返してたら、ゴールデンウィークに江ノ島の神社で引いたおみくじが出てきました。
運勢は・・・「末吉」。
引いた瞬間は、ちょっと落ち込みましたが、まあ末吉ってこれから運の上がる余地があるってことだからよいことだよね!と自己解釈を決め込んで、さして気にしてもいませんでした。

ところが、つい先日自転車で派手に転び、あごがぱかっと割れるという(私にしては)大事故が発生。しかもその日は誕生日で、いろいろな意味で記念すべき日になってしまいました。

あのおみくじは予見していたのかな。
もしかして幸の薄い一年の始まり・・・?

しかし、もう1つ。
昨日、phandという学生団体の主催した「企画立案セミナー」というのに参加したのですが、その講師の方が、ほんとに人生を楽しんでいらっしゃって、とても魅力的な人でした。
人生楽しんだもの勝ち!日記には面白かったものだけ書くとよいよ。とおっしゃってました。
そして、一昨日言語学の授業にいらしたゲストスピーカーの聾唖のアメリカ人女性も、「耳の聞こえないことを、災いだとか天罰などと考えるのはおかしい。私のママは、ずっと、私が耳が聞こえないということは、神様が私たちを特別に選んで、そうでなければすることのできない経験をする機会を与えられたのだと言って、私を育ててくれました。」という趣旨のことをおっしゃっていました。

もちろん、誰にだって人生苦もありゃ楽もあるんだろうけど、苦にしがみついて生きるかどうかは、その人が選ぶことができるということなのではないかな。何でも発想の転換だ~。

ということで、今回のあご切り事件も、よい経験になったと好意的に受け止めることに決めました。
怪我したことで、周りの人がとても気を使ってくれているのを実感してみんなに感謝することができたし。

でも、1つ教訓としては、「お酒を飲んだら自転車の運転も控えよう」(私の場合)

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(2) |


2005/05/04 (Wed) cultural relativism

眠れないので記事をもう一個。
今日は高校の友人と六本木のアイリッシュパブに行こうと気張って、結局HUBに行ってきました。
いつものとおり他愛もないおしゃべりで盛り上がった後、話は旅行のネタへ。
私は、カンボジアを旅行した感想として、ストリートチルドレンの多さ、そして、彼らのある種殺伐とした雰囲気が胸を打ったことを話しました。
友達(現在、某国立大学の国際総合学類で文化人類学のゼミに所属)はお返し(?)に、文化相対主義の話をしてくれました。

文化相対主義とは

「あらゆる文化は、みな独自の背景の下に固有の体系として評価するべきであるとする立場。文化の優劣や進化の度合いを論ずる立場や、自文化の優越を主張する自民族中心主義に対していう。」


‐広辞苑 第五版 岩波書店

友人いわく、私がストリートチルドレンを見てかわいそうと思い、彼らの生活を物質的に豊かなものにしてあげたいと願うのは、私の文化(日本?)の基準でその子供たちの生活を図っているからであって、その子達の生活はカンボジアの文化という文脈の中で語られるべきであると。
この考え方を使うと、タリバン政権下のアフガニスタンにおける女性の扱いなどにも同じことが言えるそうです。
友人も、この考え方に100%賛成ではないし、人類学の世界でもどちらかというと古風な考え方だということを言い添えていましたが、やはり一理あると思うのだそう。

これは、「先進国の価値基準で途上国の現状評価を行ってよいのか?」という開発援助の根幹に関わる問題であり、また、「人権という概念を用いて何かを語るとき、それは西欧的概念をそれ以外の文化へ押し付けることになるのか?」という問題にもなりうると思います。

小難しくてわかりにくい表現をしてしまいましたが・・実際物事はどこまで相対化できるのでしょう?
またされるべきなのでしょう?

もっと本などで知識をつけたら答えが出るのかな?
でないような気もするけど、その気にさせた話題でした。

Social | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/04 (Wed) 黄金週間

って書くとゴールデンウィークってかっこいいですね。
(ちなみにゴールデンレトリバーは中国語で黄金猟犬です。)
でも何するでもなく毎日過ごしてます。
友達に会ったり課題片付けたり祖父の見張り番したり・・・全然輝かしくないんですが、しかし!明日は春の海へひとっとびしてきます。ちょっと早いけど、江ノ島へ日帰り小旅行。
江ノ島といえば私と彼女(10年来の親友)の思い出の地。
高1の夏2人で行って宿も取らずに夜通しほっつき歩いてたら、案の定変な車に連れ込まれそうになりました。
あれは怖かった。今度はそんなことはないよう、心して行ってきます。
といっても日帰りだしね。

ところで、映画の試写会に行ったことのある方いますか?
よく雑誌や新聞で「抽選で何名さまご招待!」みたいなのありますよね?
それに応募しようかと思ってるんですが、なんか確実に(もしくは限りなくそれに近い確立で)試写会のチケットを手に入れる方法ないでしょうか?
抽選というからには、確実なんてありゃしないに決まってるんですが、なんとしてもその試写会に行きたい!っていう場合はどうすればいいの?
一応オークションとかも当たってみるつもりですが、とんでもなく高額になったらどうしよう・・と今から悩んでます。
誰か映画業界にコネのある方いません?
もしくは当たったことのある方、体験談希望。

今日は日本国憲法の58歳の誕生日なんだそうです。
高齢化社会日本を象徴して憲法も年をとっていくのかな?
世界には硬派な憲法も軟派な憲法もあるみたいで、どっちがいいのかはきわめて議論の余地がたくさんあるところですね。
私は改憲、護憲、創憲決めかねます。
といって逃げてます。

Daily | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。