--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/02/21 (Wed) 私の携帯は

充電が終わると、「バッテリーの充電が完了しました」と言う。
いつでもどこでも言う。
朝の4時で徹夜明けのときも、まどろみ始めた真夜中2時でもお構いなし。
済ましたそつのない女の人の声で、いつもきっかり同じ口調でそう告げる。
正直、たまに怖いです。
誰かこの声を消す方法を教えてください。
ついでに、英語の留守電サービスを日本語に直す方法もplease.
自分の携帯を扱いかねている私。
ところで、こういう声って誰かの肉声?それとも電子音声なのかな?
前にスーパーなんかの食品売り場のテレビで流れるビデオの作成を生業とする人には会ったことあるけど。
不特定多数の人に毎日語りかけるなんて少し恥ずかしくないですか??
うーむ私のブログはどんどんぐだぐだになっていますね。

今日は今学期最初で最後のファイナルがありました。
クローズドブックなのに、図書館でやっていいという(ちなみに問題は去年とほぼ同じ)オーナーズシステム(信用制度?)のもと、そそくさと終えて、のりでエントリーシートを1本書き上げ、帰宅すると、おじいちゃんの月命日のため、墓参りアンド今は誰も住んでいない父の実家の草むしりという拷問(ならぬご奉仕)が待っていました。
余談ですが、草むしりをしている間中なぜか「共有地の悲劇」という言葉が頭を駆け巡りました。
なぜに経済学?
(今度こそ)帰宅後、悔恨だった歯医者を済ませ、さあ休むかと思ったのもつかの間、おばばさまにDVDの字幕が映らないのをテレビさんと相談してくださいと言われたので、いろいろ突いてみたのですが、直らず。
もうここに至っては私、あれですよ。
残業を終えて午前様近く帰宅するも、待っていた妻に近所の田中さんの愚痴を聞かされるサラリーマンの気持ちが理解できるようになりました。
愚痴ぐらいどーんと受け止められるようになるか、いい奥さんを探すかのどちらかしかないですね、これは。
まあなにが言いたいかといいますと、私は悲しいかな電化製品に弱い(ようです)。

うーん、おやすみなさい

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(6) |


2007/02/18 (Sun) yay!!

やったった!

卒論の中間発表を何とか乗り切りました。
文字通り何とかでしたが、今後のモチベーションを高めるという意味でとっても有意義だったともいます◎
アドバイスをくれた方々に感謝感謝。

もう1つ、無事弟の受験がひと段落。
私はあんなにがんばったことないってくらい毎日勉強していたので、素直にうれしいです。
思わずハイタッチしてしまった。

最近いろんなことが同時進行して優先順位がつけられず混乱気味です。
今日はなぜかお茶のお稽古で「この水差しプリセット(舞台で小物をあらかじめセットしておくこと)しとくんだっけ?」と口走りかけました。

エントリーシートなどもいよいよ架橋に入ってまいりました。

今日はすっきり気分でも明日はぐったりしているかもしれませんが、とりあえず今日はhappy。

Daily | trackback(0) | comment(3) |


2007/02/08 (Thu) あーーーーーー

なんかだめだ・・・くさくさしてしまう。
人間が腐って溶けていくような、そんな気がしちゃう。
くさくさくさくさくさくさ・・・・
まあ、そんな時もあるさあね、QUE SERA SERA***

DSCF0365s.jpg

Daily | trackback(0) | comment(3) |


2007/02/06 (Tue) Today, the colour line is....

今日は吉祥寺で素敵な友人達とちょっと(かなり?)遅めの新年会ディナーを楽しんできました。
帰りに閉店間際のレコード店で、最近出会って気になっていたアーティストのアルバムを購入。


Asian Dub FoundationのCommunity Musicというアルバムです。
Community-Music_Lo.jpg


ロンドン在住のアジア系住民からなるバンドで、民族音楽とダンスミュージックを足して2で割ったものに社会的メッセージ性の強い歌詞をのせて、楽しく楽しく聞かせてくれます。

帰宅して早速アルバムを聞いていたら、がつんと胸を打つ歌詞を発見。

"Today, the colour line/ is the power line/ is the poverty line."
「こんにち、肌の色の境界は/権力の境界であり/貧困の境界である。」

当たり前のように指摘され続けていることではありますが、当たり前のように歌われるとどきっとする言葉でもあります。

彼らはこの後、同歌の中で世界銀行やIMF、知的財産権をけちょんけちょんにし、果ては「不法移民はいない。違法政府があるだけだ。」とのたまっているので、私は彼らの意見に全面賛成というわけではありませんが、

この言葉、留学先でも卒論のリサーチをしていても日々の生活の端々でもひしひしと実感する現状をぴしっと言い表していると思います。

話が飛びますが、私はたぶん彼らのいう「第三世界」に飛び込んでいって直接その境界を取り払うようなことはできないと思いますが、社会に出て行く上で、間接的にでもそういう人為的に作られた悲劇を減らすことに関われたら素敵だと思います。

そういう意味で、やりたいことやってお金も稼いでるこの人たちは、すごい。

もっとポジティブで明るい曲もあるので興味の沸いた方はぜひ一聴を♪

Daily | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。