--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/09/29 (Sat) 水不足

ただいま我が家は断水中です。

話はさかのぼること数時間前。
私がトイレから出ようとしていたまさにその瞬間、急に電気が消えてトイレの中が真っ暗になりました。
そのときはトイレの電球が切れたのかな~くらいにしか思わず、手探りで蛇口をひねって、手を洗い、のんきに外に出ると・・・なぜかフラットメイトが私の名前を叫びながら走り回っています。
どうやら、フラット全体が一部を除いて停電状態に陥った模様。
それだけでなく、水も出なくなってしまいました。
他の階の住人の努力により、1時間ほどして電気は全面的に回復したのですが、お水のほうはキッチンの蛇口1つを除いて一切出ないままです。
=トイレも使えないし、シャワーも浴びられないし、顔も洗えないし、歯も磨けません

困った困った。
顔はメイク落としシートで拭いて、歯はキッチンで磨き、トイレはキッチンから汲んできた水で流すという方法で一応は解決・・・したかに見えたのですが、いかんせんシャワーはどうしようもない。
ばっちい話ですが、リーディングに追われて昨日の夜シャワーを浴びていないので、今自分がものすごく汚く感じられます。
もちろん旅行だなんだでもっとシャワーを浴びないですごしたことはありますが、こんな現代のスウィートホームでこんな状態に陥るとはね、いとおかし。
なんだか笑いが止まりません。

最近笑っちゃいけないところで笑い出すという失態が多くて困っています。
前からこの傾向はあったのだけど、どんどん加速している気がする。

ごくごく最近で言うと、

停電中に上の階(男の子の階)の様子を見に行ったとき、出てきた男の子の「だめだ、こっちも電気全然来てない。」と言うむっつりした様子に笑いがこみ上げ、

これまた停電中なのに、なぜか電子レンジが動いているかを執拗に気にかけ何かを調理しようとしているフラットメイトに笑いがこみ上げ・・・

でも笑いの多い家に住めて、素敵なフラットメイトに囲まれて幸せです。
1つの階に12人という大所帯の成果、夕食時はキッチンに笑いが絶えません。

学問のほうも、もう少し結果が出たらいろいろ報告したいと思います。
ではではみなさんよい週末を

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(1) |


2007/09/17 (Mon) kettle of fish

さてさてこちらに来てそろそろ1週間になりますが、困ったことが1つ。

誰もが私を中国人として接してきます。
地元の方はもちろん、各国からの留学生、教授、事務の方、もちろん中国からの留学生も。

私は中国人じゃありません。
とか
私は中国語を話しません。

と言うと一応はわかったようなふりをしてくるのですが、

気を抜くとすぐ

「じゃあここに本国である中国の住所を書いてね。」

(まあこれは間違えて警察に登録(共産圏もしくは旧共産圏からの留学生に必要な手続き)しに行った私に非があるのですが。)

中国への国際電話は・・・」

とか言われます。

このように、一度訂正した人に1分後に間違えられるので、笑いが止まらなくなってしまいます。

中国の方が東アジア系の方にまず中国語で話しかけてくるのは国民性かと個人的には思いますが、中国人ではないとわかった後に

「あ、じゃあ韓国人ね。」

と当然のように言われると奇妙な気持ちになるものです。

そこで、もうちょっと小奇麗なかっこをしたほうがいいのかしらと試行錯誤をしたり、自己紹介のときに「私は日本人です、中国人ではなく」と必ず言い添えるような方法を取ったりしてみたのですが、昨日の晩思いもよらず私には珍しく名案が思い浮かびました。

それは、フラットのキッチンで偶然居合わせた日本文化に少し明るい料理上手の中国人カップルと話していたとき・・・

私はなんとなく「私は日本人です」と中国語でなんとなくなんとなーく言えます。

なので、逆転の発想で、彼らに

「私は中国人です」

という中国語を教えてもらいました。

中国人

の発音が少し難しかったので本当に役に立つかは未知数ですが、これで私もえせ中国人になれます

思わぬ方法で問題解決・・・となるか?

後ご期待。

Daily | trackback(0) | comment(3) |


2007/09/06 (Thu) ちいさなちいさな

20070905202834.jpg


ビールです。
見てください、この小ささ。
130mlという容量。
隣に並んでいるゆず七味唐辛子とも張るくらい小さいです。

このビール、祖母3が母親に頼まれて買ってきたもの。

「普通の小さいサイズでいいからね。」

と言われて、これを買ってきちゃうおばあちゃん。

私が、

「イギリスで何か買ってきてほしいものある?」

と尋ねると、

「う~ん、イギリスは・・・競馬ね!名騎手と名馬のポストカードをお願いね。」

と答えてしまうおばあちゃん。

世の中実にいろいろな見方があるのね、と日々学ばせていただいてます。

Daily | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。