--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/05/04 (Wed) cultural relativism

眠れないので記事をもう一個。
今日は高校の友人と六本木のアイリッシュパブに行こうと気張って、結局HUBに行ってきました。
いつものとおり他愛もないおしゃべりで盛り上がった後、話は旅行のネタへ。
私は、カンボジアを旅行した感想として、ストリートチルドレンの多さ、そして、彼らのある種殺伐とした雰囲気が胸を打ったことを話しました。
友達(現在、某国立大学の国際総合学類で文化人類学のゼミに所属)はお返し(?)に、文化相対主義の話をしてくれました。

文化相対主義とは

「あらゆる文化は、みな独自の背景の下に固有の体系として評価するべきであるとする立場。文化の優劣や進化の度合いを論ずる立場や、自文化の優越を主張する自民族中心主義に対していう。」


‐広辞苑 第五版 岩波書店

友人いわく、私がストリートチルドレンを見てかわいそうと思い、彼らの生活を物質的に豊かなものにしてあげたいと願うのは、私の文化(日本?)の基準でその子供たちの生活を図っているからであって、その子達の生活はカンボジアの文化という文脈の中で語られるべきであると。
この考え方を使うと、タリバン政権下のアフガニスタンにおける女性の扱いなどにも同じことが言えるそうです。
友人も、この考え方に100%賛成ではないし、人類学の世界でもどちらかというと古風な考え方だということを言い添えていましたが、やはり一理あると思うのだそう。

これは、「先進国の価値基準で途上国の現状評価を行ってよいのか?」という開発援助の根幹に関わる問題であり、また、「人権という概念を用いて何かを語るとき、それは西欧的概念をそれ以外の文化へ押し付けることになるのか?」という問題にもなりうると思います。

小難しくてわかりにくい表現をしてしまいましたが・・実際物事はどこまで相対化できるのでしょう?
またされるべきなのでしょう?

もっと本などで知識をつけたら答えが出るのかな?
でないような気もするけど、その気にさせた話題でした。
スポンサーサイト

Social | trackback(0) | comment(0) |


<<末吉 | TOP | 黄金週間>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/10-9c71342d

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。