--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/03/18 (Sun) 情報は、選ぶ時代か

最近訳あって、足繁く本屋に通っている。
今日は紀伊国屋新宿南口店に行ってきた。
訳あって、2階から6階までうろちょろしてしまったのだが、そこで気づいたことには。
客層が全然違うのです。
階によって。
例えば5階は人文社会科学系の学術書が置いてあるセクション。
そのせいか、レジで隣に並んだ弱中年男性は大学教授の匂いがした。
「カードでお願いします。」
その一言に、学問の湿ったにおいがしたのです。
例えば6階は洋書と語学テキストが置いてあるセクション。
ここは特に興味深くて、洋書のほうは当然ながら外国人のお客さんが多く、逆に語学テキストのほうはまったくもって日本人ばかりでした。
エスカレーターを降り損ねてたどり着いた2階には学習参考書とか児童書のセクションがあり、言うまでもなく小・中・高校生がたくさんいて、自分の年を感じました。
あと、雑誌売り場について。
これはどの本屋にも言えることなんだけど、女性誌とそれ以外のセクション-例えば車雑誌だとか音楽雑誌だとか-で激しく客層が分かれている気がします。
あれって何か怖いことのような気がする。
女性はファッションとか美容についての情報を、男性は男性然とした情報(それがどんなものかはわからないけれど)を与えられてみんなすくすく育っている、そんな気がする。
たまに面白半分で、車雑誌とか経済誌とか男一色のコーナーに入っていって、ちょっと失礼とばかりに雑誌を立ち読みしてみると意外と面白いもんです。
男の子の皆さんもぜひ堂々とCanCanとかseventeenとかを立ち読みする時代になって欲しいなぁ。
話はそれ続けていますが。
そんな本屋の光景を見て、みんな情報を選んでいるんだなと思った。
自分に合わせて似合う色、形、大きさ、生地…ちょうど洋服を選ぶみたいに。
もしくは情報に選ばれているのか。
「こんなあなたはこれ!」、「春は白♪」みたいな刷り込みを通じて。
自分で選んだ情報が次の選択を左右している、かもしれません。
音楽も、仕事も、結婚も何もかも。
面白いような怖いような不思議な世界。
だからこそ、ちょっと横に目を向けて一見無用そうな情報を選んでみる。
そこに、無限の選択肢が広がる気がしませんか?
何も彼にスカートをはいて欲しいわけではなく、洋書セクションの外国人の方も語学テキストのセクションに一歩踏み出すことで、日本人はこうやって英語を勉強しているんだなって、じゃあ次に日本人に話しかけるときにはこういう風にしたら理解しやすいかなって。
そんな風になったら少し素敵だと思います。

余談ですが、最近男の子のファッション雑誌はどんどんフェミニンになってきてる気がします。
非常に興味深い。

スポンサーサイト

Daily | trackback(1) | comment(4) |


<<選挙立会人 | TOP | なんだか>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/03/18 14:51 | [ 編集 ]


 

さすがにCanCanはなかなか読めないと思うんですが・・・。
読んではいけないってわけではないんですけど、それってはるなさんが、ボディービルの雑誌を読みふけってるみたいな感覚じゃないですか?(笑)

2007/03/19 01:33 | いくらージェンダーフリーの時代でも [ 編集 ]


 

いやかも!生理的に…
こんなこと書いてるけど、私もぜんぜん心狭いです、ははは。
友達の(女の子が好きな)男の子で、ananとかnon-noを愛読してる人がいたので。
でもCanCanはだめか~どの辺がボーダーラインかしら?

2007/03/19 17:25 | それはちょっと… [ 編集 ]


 

>さらに返信
コメントありがとう!いやいや、私はただ理屈を捏ね回してるだけで、しかも理屈通ってないしね;
今度こそ会いましょうよ。メールします!

2007/03/19 21:35 | haruna [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/105-c37b9293

学習参考書について
学習参考書学習参考書(がくしゅうさんこうしょ)とは、学習の参考とするために、参照される図書のことである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL //教育問題.com 2007/03/19 22:57

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。