--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/11/09 (Fri) 暖炉談義

昨日はフラットメイトの元同僚が遊びに来ていたので、家から数秒のBrass Monkeyというパブに繰り出しました。

106172o.jpg


ここは内装が素敵です。見ざる言わざる聞かざるの三猿をモチーフにした英国調の装飾に、手前にはバーと暖炉のスペースがあり、右奥に一段高くなっていて、広い個室のようになってプロジェクターが付いた、クッションがあって寝転がれるスペースがあります。
みんな靴を履いたままそこにあがっているので、もちろん寝転がる文字通りと言うわけにはいかないですが、壁にもたれてサイダー片手に映画を見るとひどく幸せな気分に浸れます。
そしてそして、特筆すべきは夜でもホットチョコレートやエスプレッソなどのホットドリンクを出していること。
日本では普通に聞こえるかもしれませんが、こちらの庶民的なパブでホットドリンクを夜に探すとなかなか難しい!
友達が来ていたときにここを知っていればなあと後悔しました。(あっこ・・・次回はぜひ!)
始めはそこのねっころがれるセクションにいたのですが、あとで席を移動して暖炉の前のソファでまたいろいろと話し込んでいました。
こうやって火を見ながら話していると、外はひどく寒くて風がビュービューなのに、とても心休まる時を過ごせます。
もちろん、周りに気の置けない友人がいて、話に花が咲いて・・・と言うことが大きいと思いますが。

先日、友人のフラットのディナーに招待してもらって、手作りのトルコ料理に舌鼓を打った後、ぽんぽんになったお腹をなでながら、友人のフラットメイトが、実家の暖炉について語ってくれました。
寒い冬に、ワインを飲みながら夕飯を食べて、その後リビングの暖炉の前に寝転がってうとうとする、そうすると犬がやってきて、自分と暖炉の間に入って暖を取ろうとする・・・・そういうのって本当に至福のときなんだよなあっていうお話でした。

なんかすごくわかるなあと思ってしまった。
日本でも暖炉のあるご家庭は少ないかもしれないけど、例えばコタツに置き換えて話を進めると容易に共感できるのではないかと思います。

寒い季節にお腹も心も満たされて暖を取る、最高の贅沢の1つかなと思いました。

余談ですが、その暖炉の彼は実家がかなり広いようで、庭で取れた林檎を使ってアップルパイまで作ってくれました。
ものすごくおいしかった!
家で取れたものを使って料理ができると言うのもかなりの贅沢だなと思います。

ではではみなさんよい週末を。

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(4) |


<<ご飯がまずくなる・・・? | TOP | 笑いが>>

comment











管理人のみ閲覧OK


承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

2007/11/09 22:33 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/10 17:14 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/11 00:44 | [ 編集 ]


 

>えり
merci :) 実は今学期フランス語習っている!えりはもう仕事で使うくらいだから生のフランス語を習得しているんだろうね~ああ日本にいたらいろいろ話したいし、聞きたいわ!

2007/11/12 07:16 | はるな [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/116-f41b58a8

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。