--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/07/26 (Tue) The Tempest

嵐のような一夜。

昨日から今日にかけて関東には台風7号が接近。
微妙にそれたみたいで、あんまり「台風っぽく」ないけど。
不謹慎ですが、あの雨や風にもみくちゃにされるわくわく感がちょっと好きです。
小さい頃はよく、傘を風下にかざして飛べないかなーなんて思ってました。

嵐の前の静けさとでも言うべき昨夜、わが身には一足早く災害が訪れていました。
歯痛、です。

昨日は留学準備も兼ね、重い腰を上げて歯医者に行きました。
その結果、重度の虫歯と診断され、神経を取るための準備として、薬を入れてもらい、帰宅。
直後はなんともなかったのですが(大抵のことはそうですよね)、数時間して、急に激しい痛みに襲われ、処方された痛み止めを服用。
痛みは一向に引かず、今度は一般に売られている痛み止めを飲むも、何の変化も見られず。
顔を冷やそうが、安定剤を飲もうが「ずきずき」は止まる気配を見せません。
ついに顔の半分が腫れ上がり、頭痛を伴って来たところで、耐え切れず、両親に直訴しました。
母からは我慢するしかないとの一言。
父はたいそう心配して、夜間診療の病院に連れて行ってくれました。
そこで座薬の痛み止めを処方してもらったところ、すぐに痛みは治まりました。

おそるべし座薬。
おそるべし歯痛。
ありがとうお父さん。
朝5時起床で4時間のドライブをこなさねばならない日の深夜に娘の歯痛に付き合ってくれて。
合理的に考えても、感情論でも、私だったら他の人に対してそこまでできるだろうか。
突き詰めて考えると、人は自分自身のためにしか生きられないのじゃないかと思うけど、違うかもしれない。
私もたまに誰かに対してそんな気持ちになることがある。
ただやさしくしたいような、無事でいて欲しいような、そんな気持ち。
これが無償の愛?
マザーテレサもイエスキリストも説いた。

ベットの中で、ヤク中になりながら(一晩でどんだけやってんだか)、ぼんやり思った丑三つ時。

あ、深夜に畑違いの患者を診てくれた(たぶん)研修医さんにもありがとう。
「歯医者じゃないので・・・」って困ってたけど本当ですよね。
お父さんは「あのやぶ医者め」って歯医者さんのこと言ってたけど、こんなになるまで放置した私が悪いのです。
ごめんなさい。

治療が怖くて歯医者通いを渋ってる皆さん、早く行かないと大変なことになりますよ・・・
(この手の、人の恐怖心/怖いもの見たさ精神を利用して視聴率を取ろうっていうやり方はあまり好きではない。ホラー映画も同様。)

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(2) |


<<官僚たちの夏 | TOP | Internship@mofa>>

comment











管理人のみ閲覧OK


敗者、もとい歯医者… 

あーねー、私も虫歯については5月にいったよ。
虫歯は大したことなかったけど
そのとき夏休みに入ったら親知らず抜くって話だったのに・・・
行きそびれて早1ヶ月。やばいやばいやばい!

2005/07/26 22:44 | ayako [ 編集 ]


あやこだ~♪ 

うーん、お互い苦戦を強いられそうですな。
インターンがんばってるみたいだね。
私も少しやることになったよ。
社会人の重みをかじることになるかもしれません。
お互いがんばろうね。

2005/07/27 02:34 | haruna [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/20-d110877c

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。