--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/08/31 (Wed) 引っ越し

ということで、かれこれ1週間と半になりますか。
アメリカは首都ワシントンDCに引っ越してきました。
American University(AU)のSchool of International Serviseというところで一年間お勉強する予定です。
昨日から授業も始まり、寮の部屋も一応住める状態にしたので、なんとか生活が動き出した感じ。
最初の1週間はオリエンテーションだなんだで疲れもありましたが、さすが大学だけあって何でも自分のペースでできるし、楽しくなりそうです。

AUそしてDCの第一印象は、とっても多様性に富んだ場所だなあということ。
こんなにたくさんの国籍の人が普通に日常生活を共にしているところを目の当たりにして、日本に日本人が多いのに驚きました。
留学生も、日本人も多いけれど、その他の出身地も実に様々。
自分が留学生になったせいなのかわからないけど、友達の国籍を本当の意味で気にすることなく付き合える人になれるんじゃないか。
そんな気がします。

今日はフランス語の初級と、アメリカ外交分析という授業がありました。
後者はたぶん他のものに変えるけれど、フランス語はとても面白くなりそう。
先生がアフリカンアメリカンの方で、何かと生徒同士でJe t'aimeと言わせあったり、フラ語のラップをさわったり、今にも教室がミュージカル映画の一場面へと変身を遂げそうな役者ぶり。
そんな彼女が授業の冒頭で
「フランス語を話す人のうち20%だけがカフカジアンであとはブラウンとかブラックの人なのよ」
といっていたけれど、本当にそうですよね。

私が始めてその事実に触れたのは、高校1年生の夏休みにイギリスで英語研修を受けていたときのことでした。
土地柄、ヨーロッパの人が多くいたその学校で、私は「フランス人」の集団の中に、いろいろな肌の人がいることに大変驚きました。
それまで、なぜかフランスにはカフカジアンしかいないと頑なに信じて疑わなかった私。
それから、大学1年の夏にモロッコに行ってホームステイをした際に、ホストファミリーと意思の疎通を図ることの難しさを痛感し、フラ語を習う決意を固めたわけですが・・・。

何が言いたいのかだんだんわからなくなってきたけれど、とにかく世界は狭いようで広いのか。
狭い中にこんなにたくさんの人がギュウギュウ詰めになって暮らしているなんて、なんだかわくわくするじゃないか。
と、そんなことを感じた1週間でした。

駄文乱文失礼。

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(2) |


<<National Zoo | TOP | two weeks notice>>

comment











管理人のみ閲覧OK


おぉ 

もう授業始まったんだ~ 早くも楽しそうで何より☆留学ってきっと山ほど得るものあるんだろうな。1年不在なのは淋しいけど、お互いがんばろね^^ 私はうっかりGEキャンセルを忘れ、早くも秋学期の窮地に陥っております…。。苦笑

2005/09/03 00:09 | kei [ 編集 ]


 

ケイ!コメントありがと★
レジはどうなった??
お互いその地でしか得られないことがあるはずだから、1年を満喫しましょう!
こっちに来ることがあったらぜひぜひ寄ってね。

2005/09/09 12:26 | haruna [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/23-0ca34ac7

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。