--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/09/30 (Fri) irreligionist?

遅くなりましたが、今週の日曜日に参加した、The Gatheringというキリスト教のmorning serviseのようなイベントについて。

「のような」というのは、教会での日曜礼拝とは趣が異なるものだからです。
イベント参加後に主催者から送られてきたメールを引用すると、the gatheringの趣旨とは

The Gathering exists to impact the collegiate generation with the message of Jesus Christ.That is our vision.It is our heartbeat and it underlies everything we do.Our prayerful desire is that The Gathering could be a church home for you while you are in college.


だそうです。
これだけ読んでもなんじゃこりゃという感じですが、実際私もよくわかりませんでした。
イベントの内容は、最初にみんなでロックバンドの演奏の元にキリスト賛美な歌を歌い、その後一人の学生が前に出て、日常生活の中で自分が神を認識する瞬間について話す、というものでした。


今回、アメリカの一般大学生のキリスト教観を覗いてみたいと思いこの会に参加したのですが、実際参加してみて、私にとってこの会はどこか後ろめたさが残るものでした。

後日、その後ろめたさの原因を追及してみたところ、3つの結論に至りました。

第一に、私はキリスト教徒ではないし、なるつもりも今のところ100%ない。
私の実家は仏教日蓮宗の寺であり、私は自分が仏教徒であるか否かは別として、生まれてこの方、「何か」の時には鬼子母神様にお参りをするよう躾けられてきた。
この会において、「何か」の時にはイエスキリスト様に祈りましょうと言われると、なぜだか家族を裏切ったような気持ちになる。

第二に、私は「宗教」とは何かがよくわからない。
短い人生経験をフル活用して考えるに、「宗教」が説いているような数々の「真理」とは個人が人生を送る中で経験を踏んで習得するべきものである。それらの「真理」は多種多様であって、どこかからどこかまでを1つの「宗教」という枠で一括りにすることは、どこか無理があるのではないか。
人は弱いもので、他人との一体感を得るために「宗教」のような共同体が必要だというのなら、そこでの「神様」とは需要の元に作られたものであって、私が知っているような「宗教」は、自身の「神様」は(教義としてどのように説明されているにせよ)唯一絶対であるかのように説くけれど、人が作ったものが唯一絶対なんてことはないと思う。

第三に、上記2つのような事情を抱えながら、イエスキリストをたたえる歌を口にしたり、祈ったりすることは、キリスト教を信仰している方々と、まだ見つかっていない私の中の「神様」に失礼だと思う。


だがしかし、それではどうすれば私はキリスト教を知ることができるのだろうか。
たくさんのものを見聞きし、実感した上で、自分の中の知識としていきたいと思っているのですが、「宗教」を理解する方法は、信仰以外にないのでしょうか。
そうであるとすれば、他宗教間の相互理解は一向に進まないだろうし、宗教を基にした争いは絶え間なく続くでしょう。
そうであるとは信じたくないです。

みなさんにとって「宗教」とは何ですか?
スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(2) |


<<えりこ、見てたら連絡ください | TOP | green apple sour martini>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

わたしの通っている高校は、MISSION SCHOOLで、毎日宗教の授業があります。宗教の時間っていうのは、日本で言う道徳の時間のようなもので、MORALとは何であるかについて話し合います。初めて宗教の授業を受けた時は、なんだかキリスト教は恐ろしいような感じがしました…。なんか意味の分からない教訓を叩き込まれるんじゃないかって…笑”
でも、実際そんなことはなくて…。
私は無宗教です。…というか、自分の中で宗教作ってる感じもします~!あゆみ教??
以前、母親に『自分がこうやって生きていられるのは、死んだおじいちゃんが見守ってくれてるから。ご先祖様に感謝しなさい。』っていわれました。そして自分がそれに納得したので、その教えを信じています。
はたまた、宗教の時間に『隣人を愛しなさい』と言うのを聞いて、なるほど~!と思ったのでソレを信じたり…キリスト教も仏教も…それぞれ納得できるものがあります。だから自分の中で、この教えは正しい!自分に必要だ!と思ったものを、宗教の枠にとらわれず選んでいます。私は、何教が1番正しいかなんて決められないです。ただ、自分がこの先生きていくうえで何が必要になるのか…と考える手段として宗教が役に立つんじゃないかと思ってます。
結局、宗教って『善く生きる』ための教えですよね?なのに、その宗教をめぐって紛争が起こっているのは、本当に悲しいですょね。戦争のニュース見るたびに悲しくて…(T_T)
戦争を起こしてる支配者?(語彙力不足です…笑)がもっと、自分以外の人に目を向けられるようになったら戦争なくなるんじゃないかな~って思います…はやく世界中のみんなが笑顔になりますように!!
なんか、ヘンテコな文章でごめんなさい。自分の考えうまく文章にすること出来なかったです~↓でも、はるなさんの日記を読んで、宗教について考え直す事が出来ました!ありがとうございました☆

2005/10/17 10:28 | あゆみ [ 編集 ]


 

コメントありがとう!
人の考えを聞くことはとても参考になるね。
私もあゆみちゃんの考え方に近いです。
自分が納得したことを、人生の栄養にしていくというか・・・うんうん。
私の偏見で、アメリカに来て「無宗教です」って言ったらなんか変な顔されるかなーって思っていたのだけれど、この間友達にこの考えを話したら、「私もそうだよ。」と言っていて、何事も一概には言えないものだなーと再認識しました。

2005/10/19 11:51 | haruna [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/28-81159089

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。