--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/10/27 (Thu) Boston Trip

先週金曜日から日曜日にかけてボストンに行ってきました。
キャリアフォーラムに参加すると言いつつ、インタビューは1つも受けませんでしたが、自分の将来について考えたり、ボストンで友達と過ごすなど、実に密度の濃い週末を過ごしました。

第一に飛行機のトラブルが多発。
行きは、DCに2つある空港のうち、思い込みで違う方の空港のチェックインカウンターまで行ってしまい、そこで「あんた間違ってるよ」と言われて蒼白となるも、その便がキャンセルになっていたらしく、その空港から出る便に振り替えてもらうことができました。
不幸中の不幸中の幸いでした。
帰りは、機内持ち込みしようとした、翌々日からのミッドのノートがぎっしり(?)詰まったバックパックと、飛行機が小さいので載せられないという理由により、離れ離れにされ、次にめぐり合ったのは次の日の夕方でした。
最近飛行機に乗ることを新幹線に乗るのと同じくらいの感覚で捕らえ始めている自分がいます。
初めて乗ったときは、それこそ搭乗時刻の2時間以上前に行って、待機していたのに・・・これはきっともっと気持ちを引き締めろと言う神様の思し召しだなと思い、神妙に受け取ることにします。

第二にボストンは素敵な街だった。
Harverd Universityの横でご飯食べた時と、チャイナタウンでご飯食べた時くらいしか、街には出ていないのですが、街の雰囲気は素敵でした。
東京でいったら下町のような、高層ビルと昔なつかしの建物が混在しているところは台北のような、古きよきアメリカの港町のような、機内からみた夜景は函館のような、DCをもう少しこきたなくして味を出したような、そんな街でした。
Thanks Givingにもう一度訪れる予定なので、それまで待ってろよ、BOSTON!!

第三に自分の将来について。
面接を受けるために、その企業なり機関なりについての志望動機をはっきりさせなければいけないと実感。
自分のやりたいことは何なのか、今一度考えてみようと思いました。


余談ですが、現在Harverd Universityで作家の村上春樹さんが執筆中らしいです。
『ノルウェーの森』と『スプートニクの恋人』くらいしか読んだことがないけれど、その2つはとても気に入っているので、彼があの街のどこかにいると思うとなんだかわくわくしました。


Here, I put some pics from Boston.
Please check them out!

20051027155610.jpg


the view from plane


20051027155753.jpg


china town with parl milk tea


pigeons.jpg


shaky pigeons



skyscraper.jpg


skyscraper

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(2) |


<<Black Cat | TOP | ‘Elizabethtown'と『フリオ・イグレシアス』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

村上春樹、おれノルウェイの森、本は持ってるけど読んでない。。。恥だ。うちのリテラシーの先生が「村上春樹は私のone of favorite writers」って言ってたのに、日本人のあたしは読んですらいないんです。週末図書館行って借りてきます。

2005/10/28 05:06 | たにりょ [ 編集 ]


 

ね、海外でも結構有名みたいよね。
韓国人の女の子が大ファンだって言ってた。
「ノルウェーの森」洋書版は表紙が呪われそうだったよ。。。

2005/10/28 15:18 | haruna [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/34-a1acf818

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。