--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/11/30 (Wed) ThanksGiving

Bostonで行われたInt'l Student Conferenceに行ってきました。
アメリカの北東地域にある大学の留学生がボストンに会し、地元のキリスト教団体主催で行われるこのイベントは、サンクスギビング中、留学生を一般家庭にステイさせてくれて、アメリカの家庭を体験させてくれるというもの。
ターキーにパンプキンパイに家庭の味を堪能しました。
味だけじゃなくって、家族のあったかい雰囲気にひさしぶりに触れた5日間でした。
みんなあったかくてhospitarityに溢れていて、こんな世界もあるんだなぁと感動した。
経済的に余裕があるわけではないのに、ただ人をもてなすのが好きだからと言う理由で私たちを受け入れてくれて、感謝のしようもありません。
家族みんな音楽が好きで何かしらみんな楽器が弾けて、夕食後はみんなでプチオーケストラを結成したりする。
年代もののピアノは何回も調律に出して使っているのだそう。
私のおばあちゃんが大事に使っている、戦前からあるという足ふみ型ミシンをママが使っていたのには驚きました。
サンクスギビング当日は、同じアパートに住むべっぴんのちびちゃん2人となぜか現れた長い付き合いだという映画監督志望の大学生を交えて家族で団欒。
監督とおちびちゃんたちがあまりにおかしくて、久しぶりに文字通りお腹をよじって笑いました。
そして、心の豊かさってこういうことなのかな、と実感しました。
毎日毎日の中にある幸せに最大限感謝して暮らす、そんな感じ。
私にはちょっと見えにくいものの一つかもしれません。
次々と新しい目標があらわれては消えていくそんな毎日。
なぜその目標を掲げているのかも本当はわからないまま。
考え出すと、自分が空っぽだってことがわかっちゃうから、怖い。
滞在先がイバンジェリコ派のministryのお宅だったので、キリスト教徒は?ということについてもいろいろ考えさせられた5日間でしたが、そのお話はまた今度。

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(0) |


<<Sugar Rum Cherry | TOP | pics from capitol tour>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/43-596a5a30

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。