--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/03/31 (Fri) he is full of himself

昨日の夜、Greyhoundに乗って、Baltimoreショートリップを敢行してきました。
友達の大好きなsaves the dayというバンドがショーをやるのでそれを見に行ったのです。
DC夕方5時発、夜中の2時に帰宅という強行軍でした。
saves the dayはgreen dayやblink182の前座をやっている結構キャリアの長いバンドらしいです。
音楽も、まあ彼らの音楽をもう少しやかましくした感じで、親しみやすく、誰でものれるようなよい曲たちでした。
ライブ自体も、お客さんのほとんどが歌詞を暗記していて、一緒に歌っていたので、とても一体感があって、盛り上がって楽しかったです。
途中、女の人が暴れ狂ったり、男の人が頭から落ちてきたり、多少のトラブルはありましたが。
彼ら自身も、すごくいい人たちで、コンサート常連である私の友達の名前と顔を覚えてくれていて、リクエストした曲を歌ってくれたり、ショーのあとに、演奏は聞き逃してしまったけど、もう1つのバンド、カナダ出身のMoneenのメンバーとお話しする機会も持てて、貴重な体験でした。
バンドのメンバーといっても気さくでいい人たちばかりで、最初ボーカルの人と話しても彼がそうだとは気が付かなかったくらいです。
みんな結構普通の人なのね。
もっと彼らの曲を聴いてみたいと思いました。

しかし、私が何より行ってよかったと思ったのは、彼を見られたことです。
私たちが入っていったときに、既に3番目のバンドが演奏を開始しようとしていたのですが、私はそのボーカルの彼に目が釘付けでした。
なぜって、彼、すばらしくナルシストなんです。
いやナルシストという5文字では表現しきれない何かが彼にはありました。
なんか演奏中に一人で笑ってるし、歌ってるときの恍惚とした表情や、お客さんに向けてというより、自分世界の中で衝天しそうな演奏ははらはらものでした。
ギターとベースの人たちは演奏しているようなしてないような存在意義が見出せない宙を舞うような動きを繰り返しているし。
唯一、ドラムの人だけがまともな演奏をしていたような気がします。
なんだか唖然としてしまって、笑ったら彼を取り囲む女の子に刺されそうだったので笑うに笑えず。
彼らの曲、日本でいうとbump of chikenとかasian kung-fu generationとかと同じジャンルに分類されるらしい。
結構好きな部類の音楽だし、彼の歌声はすごく魅力的だし、実際帰ってから聴いてみたらいい曲もあった(I've been dying to reach youとか。余談ですが、ライブで隣の男性がこの言葉を叫んでいて、曲名とは知らず、ぎょっとしました)けど、彼の奇怪なパフォーマンスを見た後では全てが笑いの方向に進んでしまいます。
残念。

187.jpg



カリスマボーカルAnthony Green(元SAOSIN、現circa survive)畏るべし。
何か気分が乗らないそんなときは、彼の歌声で幸せになれるかも

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(2) |


<<パソコンが | TOP | hmm>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

やほ。 飲み会、花火 楽しかったね☆
そして うわさの自分に酔ってる彼の話が!! 読めば読むほど生で見てみたかったなぁ笑 

2006/04/03 05:32 | はるか [ 編集 ]


 

はるかちゃん!
帰る前にも一回サル山しようねー♪

2006/04/19 13:27 | haruna [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/74-86b1c1d1

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。