--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/04/21 (Thu) fast-forward

今日は授業が終わった後、高校の友達と1年ぶりに再会しました。
疲れていたせいか、その子が取りとめもなく大学の友人関係について熱弁を繰り広げたせいかはわかりませんが、「うんうんそっか~大変だよね~そうなんだ~」を繰り返すうちに頭が朦朧としてきて、よくドラマやCMで使われる効果みたいに、友達がビデオの早送り状に見えました。
貴重な体験でした。
誰か同様の体験をした方いるかな?


カンボジアレポ続き

プノンパゲンは夕焼けのメッカ。
小高い岩山のようになっていてゾウか徒歩で登ることができます。
私はぜひとも生まれて初めてゾウに乗ってみたかったのだけど、いかんせん高かったので(2500円くらい?)、ゾウなんていつでも乗れるさ!と半ば無理やりあきらめ岩山を上ることにしました。もくもくと足場を探しながら上ること10分弱、頂上が見えてきます。
頂上には、シェムリアップの他の場所と同様、遺跡があり、みんな思い思いの場所に腰掛けて、日が沈むのを待っています。
有名な場所だけあってとにかく人口密度が高かった!
それでとにもかくにも写真をぱちぱちしながら待ったのですが、夕日が沈む(であろう)時間の5分くらい前になって急に太陽が雲をまとい始め、結局見えなくなってしまいました・・・なんのこっちゃ。
まあでもなんとなく満足はしました、そのロケーションに。
そして、お坊さんとの偶然の出会いに。
そう、実は首都プノンペンの大学に通うお坊さん2人組みと知り合いになったのです。
偶然の出会いというのはちょっと嘘で、アジアの仏教国でよく見られる独特のオレンジ色の衣をまとったお坊さんと遺跡と一緒に写真をとりたかった私たちは彼らに声をかけたのでした。
そんなぶしつけなお願いを快く承諾してくれたばかりでなく、日本に興味があるという彼らはしばし私達とご歓談。
連絡先を交換しました。
後日メールで彼のバックグラウンドを知り、もっと驚くことになりましたが・・・。

20050515192530.jpg



こんな調子ではいつまでも終わらないのではないか。
でも疲れたので続きはまたにします。

スポンサーサイト

Travel | trackback(0) | comment(0) |


<<黄金週間 | TOP | バイタクの高校生@Siem Reap>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/8-179ae076

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。