--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/10/15 (Sun) 衣替え

ひさしぶりにブログを更新してみようと思う。

今日は衣替えをしました。
テレビに出られそうなくらい汚かった部屋をきれいにして気持ちもすっきり。
秋冬のコーディネイトもハリが出ます。
予想以上にたくさんの服があったことにびっくり。
ガンディー学で、「wantとneedが均衡するような生活をしましょう。」というような教えを受けたばかりだけど、とてもそんな生活はできそうにありません。
そもそも、私は人のために死ねないし、生きてなんぼだと思っているので、サティヤーグラハ(ガンディーの唱える非暴力と愛による抵抗)は机上の空論でしかないのです。

最近卒論に取り掛かり始めています。
先生が変わっていきなりばたばたし始めました。
来週からトルコ語を習うことになりました。
進路は模索中。
五里霧中。

スポンサーサイト

Daily | trackback(0) | comment(3) |


<<damnitとダミット | TOP | 私の背骨>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

お久しぶりです。
俺も今、ガンジーのペーパー書いてます。
結論から言うと、非暴力は、しんどいって書きつつも理屈では可能なはずだって結論に至りそうな予感がしつつ、自分のThesisにたどり着こうとしてpaperの内容が、右往左往、二転三転してます。
俺も進路模索中です。むしろ妄想くらいしかしてないですけど、お互いがんばりましょう。

2006/10/16 22:42 | ダンキンドーナッツとチアの人です [ 編集 ]


 

その結論かなりオーソドックスでいいと思います☆
インド人の先生に教わってるんだけど、似たようなこと言ってたよ:)
ガンディー批判については、インドの宗教について卒論を書いた先輩が、Bhimrao Ramji Ambedkarという人の主張も見てみると面白いと言ってました。

2006/10/17 23:34 | haruna [ 編集 ]


 

結局、今、そこにある危機に対する、非暴力的抵抗はとっても辛いので、ガンディーの言っている、相互理解?(信頼関係があればお互い話し合いで問題が解決する みたいな考え方)を引っ張り出して、どうやって非暴力で侵略者と戦うかじゃなく、どうやって侵略者が生まれない土壌を作るかって線で書いてみました。

いい成績とよいGPAがとってもほしい今日この頃です。

2006/10/23 02:00 | ダンキンドーナッツとチアの人です [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://latraviata.blog4.fc2.com/tb.php/91-04f81115

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。